メニュー
メニューを閉じる
HOME個人向け調査浮気調査
調査項目

浮気調査

浮気調査とは?

浮気事実の確認、証拠収集はもちろん、浮気相手の氏名・住所などをお調べする調査です。

「離婚に伴う証拠収集」「離婚条件を有利に進める為」「浮気相手を特定して、別れさせ、夫婦関係を修復したい」等、目的は様々ですが、浮気調査では事実関係を明らかにして、調査報告書・撮影資料を事実証明としてご提供致します。 浮気・不倫相手の身元を特定し、浮気相手への慰謝料請求を行う為には有効な資料となります。

浮気調査の目的は浮気の事実確認はもちろんですが、その事実を基にお客様の望む解決が最大の目的であると考えます。従って、調査は問題解決の手段であり、目的ではないのです。弊社探偵事務所ではお客様の目的に沿った調査をご提案し、結果はもちろん、その結果を基にお客様が望む、根本的な問題解決までお手伝いいたします。さらに慰謝料・損害賠償請求等においては当社顧問弁護士との巧みな連携プレーでお客様の利益確保に努めます。

「浮気」の定義

「浮気」は、決まった相手がいるのに、他の異性に心移りや体の関係ができることです。

当然、浮気された方は、納得などいく訳などありません。しかし、浮気をしている当事者は、結構、能天気です。何を根拠に、浮気が発覚しないと思っているのかは分かりませんが、読めば浮気をしていることが明白なメールのやり取りや言動。そして、今までは、○○御夫妻宛てで来ていた手紙や年賀状が、ある時を境に○○様宛てで来るようになるなど、特に男には女から見ると、浮気をしていると確信する材料が有っても、意に関しない鈍い部分があります。その逆で、女は婚姻関係が破綻しても良いと開き直るまで、男に浮気の事実を感じさせない上手な部分があります。

貴方が、男女のどちらにせよ、相手の浮気を疑ったのならば、問い詰めるのは止めましょう。

考えてみてください、立場が逆であったら、貴方は100%の内、何%を話しますか、当然100%は有得ません。相手側が納得してくれれば良いのですから、良く喋っても50%が良い方でしょう。酷い認め方だなと調査会社的に思う事例は、「確かに浮気はしていたが、既に終わっている」と過去形にしてしまい、後の追及をさせない認め方です。しかし、その追求方法を選んだ貴方が悪いのです、誰だって自分の非を100%話す訳がありません。

冒頭から、厳しいことを書いていますが、全て過去の依頼者様が犯したミスなのです。追求した後に、調査を入れれば、当然相手側は用心深くなり調査の難易度も高くなります。そうした状況下でも、浮気調査で答を出してきましたが、調査会社が今回の依頼者様は、賢い依頼者様だなと感心することがあります。

「私は疑いだした時から今まで、態度を変えていませんから、相手は私が疑っていることも知りませんし想像もできないはずです、ですから、この日とこの日に調査をして頂けたら結果は出ると思います」と調査依頼される方が10人から20人に一人います。何とかその賢い依頼者様の一人になってください。

北村調査事務所は、悩んでいる貴方の味方です、一度しかない人生を悩み続けても誰も褒めてくれません、先ずは電話かメールで相談してください。

調査料金

下記料金は、調査員2名1チームの時間料金です。法定費用・交通費などの必要経費は実費でお願いします。事前聞き取りにて最良な調査方法を検討し詳細なお見積もりをご提示します。

調査内容 料金
基本料金 AM8:00~PM8:00 ¥ 12,000/時間
夜間料金 PM8:00~AM12:00 ¥ 14,000/時間
深夜・早朝料金 AM12:00~PM8:00 ¥ 16,000/時間
車両使用料金 ¥ 10,000 ~/台
燃料費 走行距離に応じて

※表示金額は、税別となります

調査をご依頼される方へ

ご依頼時に、十分な聞き取り調査をさせて頂きますが、相互の時間と費用の節約のため、ご相談前には資料の準備等ご協力のほどお願い致します。

  • 浮気調査を依頼しようと思ったきっかけ(具体的に)
  • 相手側の1日~1ヶ月の行動パターンなど。(聞き取り調査で行いますが、お客さまのわかる範囲で事前にメモをおとりいただくと助かります)
  • 調べる相手方が乗用車をお使いになる場合。車種、フルナンバー(記載事項全部)の番号、および保管場所(駐車場)
  • 不貞相手の住所わかっている場合はメモにまとめて下さい。
  • 調査の事案としてよくあることが、不貞の相手が会社の同僚であったという事が多々あります。この場合は、会社の人間もしくは内部の人間に連絡をして情報を得ようとしないで下さい。
    情報提供者が裏切った場合、調査継続が不可能になることが多々あります。
  • 可能な限り調査対象者のお写真をご用意下さい。
    (調査員は始めて見ますので、できるだけ調査対象者の特徴が判る写真をご用意下さい。
フリーダイヤル0120-7737-02|メールの問合せはこちら

ページTOP